集団起訴

女医

 2014年に、品川美容外科クリニックに対する集団訴訟が提起されました。品川美容外科が集団訴訟を提起されたのはこれで3度目ということになるのですが、この訴訟をきっかけにして品川美容外科に対して悪いイメージを持つようになった人がたくさんいます。ネットの口コミサイトなどを見ると、品川美容外科クリニックが悪徳美容外科であるかのような口コミを載せている人もいますが、何の根拠もない言いがかり的な口コミが多いので、全く参考にはなりません。現実的なことを考えると、過去にも患者から訴訟を提起される美容外科クリニックがたくさん存在していました。美容目的の治療を受ける患者の中には、手術によるリスクに対する認識が甘すぎる人がたくさんいます。そのため、いざ手術を受けてみてから、こんなはずではなかったと訴訟を起こす人が多くなっている傾向が見られるのです。そのため、昔から結構頻繁に訴訟が提起されています。

 美容外科クリニックでは、メスや薬剤を用いた治療を受けることができます。皮膚にメスを入れたり、何らかの作用を及ぼす薬剤を注入したりするわけですから、体がそれなりに大きなダメージを受けることになります。美容外科の治療をの受ける患者は、治療によって得られるプラスの効果にしか着目しない傾向が強いですが、デメリットもあるのだということを認識した上で治療を受けるようにする必要があります。品川美容外科クリニックだけでなく、数多くの美容外科クリニックが患者から訴訟を起こされていますが、それでも美容外科クリニックの利用者は減っていません。キレイになりたいと希望する女性がたくさん存在している証拠だと考えることができますが、無用なトラブルを回避するために、事前カウンセリングに多くの時間を割くクリニックが増加するだろうと考えられています。